サステナビリティ基本方針

当社は「産業の発展と豊かな社会の実現」という経営理念の下、「環境」「社会」「ガバナンス」の観点から常に自らのあり方を見つめ直し、ステークホルダーと共に持続可能な社会の実現に取り組みます。

サステナブルな事業活動を通じて、当社は持続的に成長を続け、企業価値を高めていきます。また、企業行動憲章の下、公正な競争を通じて産業社会の発展に貢献するとともに、国内外を問わず人権尊重と法令順守を徹底し、地球社会の一員として良識をもって行動します。

お客様

高機能で良質な製品とサービスを提供し、お客様の中長期的な企業価値の向上に貢献します。そのために、世界最高水準の技術力とソリューション提供能力を継続的に高め、お客様のご満足とご信頼の獲得に努めます。

株主・投資家

適切なリスクテイクと成果還元を通じて、株主価値の最大化を目指します。また、株主・投資家の皆様をはじめ広く社会とのコミュニケーションを充実させ、企業情報を適時、適切に開示して透明性の高い事業活動を行います。

お取引先

すべてのお取引先様の価値共創のパートナーとなることを目指します。取引にあたっては公正・誠実を旨とし、相互の理解と信頼を深め、共に成長し企業価値を高め合えるよう努めます。

また、この方針を支持し行動していただくことを要請し、持続可能な社会を共創してまいります。

従業員

従業員一人ひとりがものづくりに携わる誇りを持ち、働き甲斐を実感し、豊かな生活を実現できるように努めます。そのために、安全で働きやすい職場環境を提供するとともに、能力開発を進めます。

また、基本的人権を尊重し、性別、国籍、個性、信条、心身の障がいまたは社会的地位などを理由とした差別的な取扱いは一切いたしません。

地域社会

安全かつ環境に配慮した事業活動を通じて豊かで活気のある地域社会の実現に貢献します。また、世界各地の事業拠点においては、地域の慣習や文化を尊重し、協調と融和に努めます。

未来世代

未来の世代を重要なステークホルダーと認識し、より良い社会を未来世代に継承することに努めます。特に気候変動をはじめとする地球環境問題の解決に貢献すべく責任をもって取り組み、自社の事業活動における環境負荷の低減はもちろん、環境に配慮した商品や施工方法を開発して社会に提供していきます。

2022年6月29日制定

【推進体制】

社会・環境問題をはじめとするサステナビリティをめぐる課題を解決し、SDGs及びESG投資等への対応等サステナビリティ経営に取り組む機関として「サステナビリティ委員会」を設置し、運営する。

【委員会の目的】

    (1)サステナビリティ基本方針の策定、改定

    (2)環境(気候変動、資源循環等)、社会(人権、社会貢献活動、ダイバーシティ&インクルージョン等)及び
             これらに係わる行動方針の提案

    (3)前項に関する具体的な実行計画の立案と進捗状況の管理

    (4)その他サステナビリティに関する重要事項への対応