株主・投資家の皆様へ

president
代表取締役社長 藤原 弘之

株主の皆様には、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。平素より格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

さて、私 藤原 弘之は、2021年6月29日をもちまして代表取締役社長に就任し、新たな経営体制をスタートさせることとなりました。第187期事業報告書(2020年4月1日から2021年3月31日まで)のご報告をするにあたりまして、一言ごあいさつ申し上げます。

最近の我が国および世界経済におきましては、コロナ禍による経済環境の激変に目を奪われがちですが、地球温暖化をはじめとした気候変動問題への対応やデジタルトランスフォーメーション(DX)の進展など、今後の社会経済の構造を大きく変え、企業活動の在り方に転換を迫るような動きが着実に進行しています。

一方、耐火物業界の最大の需要先である我が国鉄鋼業界では、2019年度から2年連続で1億トンを下回った国内粗鋼生産量が2021年度には一定程度の回復が見込まれるものの、大手高炉メーカーを中心に、高炉をはじめとする主要設備の休止を前倒しで行う動きも出ております。

このように国内鉄鋼需要が漸減する経営環境においても、当社は耐火物需要の捕捉を最大化することに努め、収益を拡大させます。そしてそれに止まらず、上で述べましたような社会経済構造の変化を当社にとって大きなチャンスととらえ、新たな経営体制のもと、グループ一丸となって第5次中期経営計画(2021年度~2023年度)の達成と、中長期的な企業価値の一層の向上に努めてまいる所存でございます。

株主の皆様におかれましては、今後とも変わらぬご支援とご指導を賜りますようお願い申し上げます。