取鍋用不焼成アルミナ-マグネシア煉瓦(ALTIMAシリーズ)

ALTIMAは取鍋内張り用に開発された不焼成のアルミナ-マグネシア煉瓦で、極低炭素鋼、特殊鋼などの高品質鋼種の溶精に適しています。

ALTIMAの特徴

  • 厳選されたアルミナクリンカーと高純度マグネシアを主原料とした不焼成煉瓦です。
  • アルミナ-マグネシア質キャスタブルと同等以上の特性を有し、高耐用が期待できます。
  • キャスタブルと異なりセメントを全く含有しないので、中間温度域での強度劣化が皆無です。
  • 使用中のスピネル生成反応による膨張と適度なクリープ特性により目地が一体化し、極めて均一な内張り施工体が得られます。
  • 耐食性に優れるとともに、稼動面からのスラグ浸潤が極めて軽微で、スラグ浸潤に伴う構造的スポーリング損傷が抑制されます。(特許出願中)

ALTIMAの効果

  • 不定形施工に必要なミキサー、型枠などの設備が全く不要です。
  • 煉瓦施工のため施工後の乾燥においても爆裂等の心配が全くありません。
  • カーボンを全く含まないので、溶鋼へのカーボンピックアップがありません。
  • カーボン含有煉瓦と比較して低熱伝導であり、熱ロスや鉄皮への熱影響を低減できます。
  • ショット材補修との併用により、エンドレスライニング、長寿命が期待できます。
品質表

ALTIMAの代表的な品質

品質表